自宅でできるHIV検査について説明する女性

通販で購入できるHIV検査キットをご存知ですか?自宅で簡単にHIV検査が行える時代になったということです。従来の匿名検査よりももっと、他人にバレずに検査ができるそうです。

HIV検査キットの価格、エイズ学会で最新情報も入手

 HIV検査の方法は、大きく分けて3通りあります。医療機関で検査する方法、保健所で受ける方法、HIV検査キットを使う方法の3つです。医療従事者には守秘義務がありますから、病院などの医療機関で受診し、そこから治療に入る方法を選ぶ人もいます。症状から、状況が差し迫っている場合などに向いている方法でしょう。検査は有料です。保健所での検査は、匿名で、しかも無料でおこなわれます。年間約13万人が利用しています。HIV検査検査キットを使う人は意外に多く、年間7万人以上が利用しています。検査の信頼性を評価する声も多く、匿名性も確保されるシステムになっているようです。価格もそれほど高くはありません。各社から販売されていて、数千円で検査が受けられるようです。
 少しでも感染の心当たりがあったら、どの方法でもかまいませんので、一刻も早く検査を受けることです。HIVウィルスはインフルエンザなどと違い、感染力がそれほど高くはありません。検査の結果、感染していない可能性はかなりあります。しかしひとたび感染した場合、HIVウィルスを完全に死滅させることは、現在の医学ではまだできません。エイズ学会に入会すると、最新の情報が入手しやすくなるようですので、そうした手段などで特効薬の開発情報を入手していくことになります。現状では、HIVウィルスの増殖を抑えたり、免疫細胞が破壊されるのをなるべく防ぐという対処方法によって、免疫力の低下を遅らせる手段がとられます。HIVウィルスが世界に広まった初期の頃は、HIVに感染することは、死を意味するものでした。しかし今や、感染直後から薬を服用していけば、寿命をまっとうすることもできるようになっています。そのためには、早期発見がなによりも大事です。